アナログの遊び心

「鉛筆と紙」から始まって、簡単に出来る様々なアナログお絵描きを解説します。多分時々脱線(笑)

ちょっと気になる、ライナーペンのSP。

公式を覗いていて発見したのですが、コピックライナーにはSPというシリーズがあるではありませんか。

何でもヨーロッパ市場向けに開発された、アルミボディでカートリッジとペン先が交換可能な商品…って。

うわー、気になるな〜。

 

こちらです↓

copic.jp

インクが掠れたりしてきたら自分でカートリッジ交換したり、ペン先が潰れたらやっぱり自分で差し替えたり…って、楽しそうじゃないですか〜!

ボディもアルミはおしゃれ感がある(本当だろうか?)し、中身を交換して使えるのって愛着の面でも不要になる物が少なくて済む面でも理想かもなんて。

 

でも…。

いいな〜、こういうの…と思ってしまいますけれど、購入したところで使うのか?と自分ツッコミも同時にあるんですよ。

使わないものを買っても仕方が無いし、物をなるべく増やしたくないしなーって考えてしまうんですよ。

それに現物を見てから購入したいのもあります。

 

うーん、記憶に留めておけば、本当に要る!って思えた時に思い出すかもね?って事にしておこう、そうしよう!

 

価格を比べたら、送料込みで若干楽天系のお店の方が安上がりでした。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【お買い得品】 Too トゥー コピックマルチライナー SP 0.3mm SP0.3
価格:534円(税込、送料別) (2020/9/23時点)


 

ドローイングペン、コピックシリーズの。

コピックシリーズのライナーペンを取り上げてきましたが、同様に線を描くペンにドローイングペンというのがあります。

こちらはペン先が万年筆状で、私は安易に普通のミリペンやボールペンよりもよりつけペンに近い描き味を求めて購入しました。

 

まあ、こんなこんな風に描けます↓

f:id:ruriwo-220:20200922175543j:plain

あ、「な」の字が「は」に見えてる…汗。

 

実のところ、思ったよりもつけペンのようには使えなかったのでした。

何せ均一すぎる〜、汗。

しかも、インクの特性上ミスノン(ホワイト修正)をかけても滲んで浮かび上がってくるし、私の使い方には向かないや〜と。

 

もう販売終了となってしまったものにはカートリッジ式の物があったみたいで、本体使い捨てってどうしてもあまり好きではない(ケチ、笑)私はそれが欲しかったんですけど、既に正規品はどこにも売っていませんでした。

 

道具は個人個人で相性があるので、万年筆がお好きな方にはいいかもしれないですね。

 

amzn.to

 

コピックの事は公式HPが充実している。

ついつい飛ばしてしまっていましたが…、

やはり公式の情報は大切にしないとなと、コピックの販売元であるTooさんのサイトを改めて閲覧しました。

 

そして、仕方が無い話ですけれど、地方民で近場に取扱店もなく情報弱者と化していたのを自覚しましたよ〜とほほ。

 

どのような商品が販売されているのかなど、正確な事はやはり公式を当たるのがいちばんですね、当然です。

 

という事でーー

 

公式トップページ

copic.jp

マルチライナーのページ

copic.jp

何を選んだらいいのか解らない時などは、ご参考にするといいと思います。

 

まあ、私は少ない手持ちで可能な範囲で遊んでいきますが〜笑。

もしも全部揃えられたとしても、手に余すでしょうしね。

これがあったら便利とかそういう発見は、過程で宝箱みつけるように出てくるのもおつですよ、多分。

って、負け惜しみか? いや、違う、笑。

 

amzn.to

小鳥、描いてみる。

涼しいですね〜。

油断したらこれはマズイ、風邪ひくよっていう。

 

夏の間はそれほど見かけないですが、小鳥が群をなしてやってきました。

まだ葉っぱが多いからよく判らなかったけれど10羽くらいはいたのかな?

シュジュウカラ、メジロの姿が見えて、ピチピチと虫を探してました。

 

という事で、まだ描いていなかったシジュウカラを。

コピックーライナー0,3使用

f:id:ruriwo-220:20200920200400j:plain

ちょっと頭を大きめにしてます、ちびキャラ風…。

 羽毛のふわふわ感、何とか出せた?

 

冬になるとエナガなどもやって来るんですよ。

ちっちゃい子達の群はほんとにひたすらかわいいのです〜〜〜笑。

 

amzn.to

弘法は筆を選ばずなんて大嘘。

コピック使いの方達は、このブラシライナーをどうやって使っているのだろう??

と、実はコピックは殆ど使っていない私は思うのでした。

汗。

「すみません、こんな奴が偉そうに解説して」…かもですけれども、

「いや極めている方達みたいな記事は書けなくても、適度に使っている私でもこの程度は出来るんだよ〜!

だから問題無いですよ〜笑」

という趣旨って事でどうかお許しを!

 

では本題です。

ブラシライナーは筆みたいな穂先(ペン先)なので、今日はツヤベタをやってみました。

ツヤベタとは、マンガなどで黒っぽい髪の毛に艶感を出す為に塗るベタの事です。

って知ってますよね。

 

※主線:コピックライナー0,3 ツヤベタ:ブラシライナーMB

f:id:ruriwo-220:20200919173314j:plain

ブラシライナーでツヤベタしたのも初でした…苦笑。

細面相筆で墨汁使って、でしかやった事ない奴。

 

言い訳ですが、図にも描いてある話、ペン先がよれていたりするときれいに仕上げられません。

ブラシの先替えろって話です(自爆)。

でも、調べてみたらどうやらライナーは替える事が不可能っぽいですね。

スケッチならば交換ニブが売っていますが。

 

という事で、つまり私の手持ちは先が割れ気味だし掠れるしで何だか残念な感じになり、ブラシライナーでのツヤベタは微妙な結果です。

くくく…。

 

とはいうものの、コンディションが良いペンならば大丈夫でしょう。

まあツヤベタは、筆状ならば道具は何でも良いのです。

光の入れ方など難しいかもしれませんが、やってみると案外楽しいかもしれないです。

私も最初はヘタでかな〜〜〜り練習しましたよー。

笑。

 

amzn.to

ブラシライナーの使い道。

日暮れが早くなり気温も下がってきて……、実はこの時期は苦手〜。

食べ物がおいしいのが救いだな、笑。

 

コピックライナーにペン先がブラシ系のもの「Brush」があります。

カラーコピックの「ciao」や「sketch」シリーズの片側(2つペン先がある)と同じタイプですね。

これも使いようによってはおもしろいので、気になる方は試してみて下さい。

 

f:id:ruriwo-220:20200918202248j:plain

 

厳密には筆ペンとは描き味が少々違うので、好みがあるかな〜?

 

ご覧の通り、普通に描くと結構太めなのでかけあみなどの細かさを要求するところには向きませんが、主線とかのインパクトにはもってこいです。

 

amzn.toうーん、何故おもちゃ……???

空と雲。

季節は行きつ戻りつ、また少し暑かったですね。

今日はちょっとクタ〜っとしてます。

 

というわけで、お絵描きの方はお休みでした。

無理のない程度のマイペースで進めるのは、長続きさせるコツだよね…という事にして下さい。

苦笑。

 

画像フォルダの中にあった秋らしい空。

いつかの空。

f:id:ruriwo-220:20200917194015j:plain

 

うーん、この空と雲の感じをライナーペンで描くにはどうしたらいいんだろう?と、考えてしまった。

限りなく難しいんじゃないかな〜???

 

amzn.to